よくある質問 Entaniya Fisheye 250

Entaniya Fisheye 250 ミラーレス用魚眼

全般

  • 円周魚眼レンズとして使用するのに適したレンズは何ですか?

    Entaniya  Fisheye 250 MFTには3つのイメージサークルのサイズがあります。
    円周魚眼レンズとして使用する場合、イメージサークルの収まりが良いのは下記となります。

    マイクロフォーサーズ:Entaniya  Fisheye 250 MFT 3.0
    APS-Cサイズ:Entaniya  Fisheye 250 MFT 3.6

  • マウントベースを買えば自分でマウントタイプを変更できますか?

    マウントベースの変更はご購入者自身で行なえます。
    マウントベースに同梱のマニュアルおよび、マニュアル動画を参照してください。

  • 取り付けられるカメラは何ですか?

    レンズはマイクロフォーサーズマウント用と、Eマウント用があります。

    マイクロフォーサーズ用は、マイクロフォーサーズ規格の製品であるオリンパス社、パナソニック社などのカメラとなります。
    詳しくはマイクロフォーサーズのページをご参照ください。

    Eマウント用はソニー社のαシリーズのカメラとなります。
    ※APS-Cサイズで円周魚眼が綺麗に収まりますので、a7シリーズを使用する場合はAPS-Cモードで撮影してください。

    また、マウントベースを購入すれば、ご自身でマウントタイプを変更することができます。

  • コンバージョンレンズですか?

    いいえ。Entaniya  Fisheye 250 MFTはコンバージョンレンズではありません。
    交換レンズです。

  • SONY a7シリーズで使用できますか?

    Entaniya  Fisheye 250 MFTはAPS-Cサイズのセンサーで丁度円周が収まる設計になっています。
    フルサイズセンサーで撮影する際にはAPS-Cモードで撮影する必要があります。

  • ピントの調整は必要ですか?

    Entaniya Fisheye 250 MFTはマニュアルフォーカスレンズです。
    使用前にはピント調整を行なってください。

  • 絞りは固定ですか?変更できますか?

    Entaniya  Fisheye 250 MFTの絞りは固定ですが、レンズボトムにNDフィルターを取り付けるためのポケットがあり明るい場所での撮影時に絞りを調整することができます。

    また、後群キットを使用すると、任意の絞りに変更することができます。

スペック

360 VR

  • 最適なカメラは何ですか?違いが分かるサンプルはありますか?

    360VRを作成するのに最適なカメラは使用用途や求めるクオリティによって変わります。
    定番となるのはSony α7Riiかα7Sii、またはSony a6500、Panasonic GH4かGH5、Blackmagic micro studio camera 4Kなどになると思います。

    下記リンクでSony α7Riiかα7Sii、またはSony a6500の違いをご確認いただけます。

    オリジナル
    https://www.entapano.com/blog/post-1714/

    VR化 補正無し
    https://www.entapano.com/blog/post-1717/

    VR化 補正
    https://www.entapano.com/blog/post-1723/

  • 最適なイメージサークルサイズ(焦点距離)の選び方

    Entaniya  Fisheye 250 にはいくつかのイメージサークルサイズ(焦点距離)がありますが、使用するカメラによって最適なイメージサークルサイズが異なります。

    選び方のヒントを下記の記事で解説しています。
    イメージサークルサイズの考え方
    https://www.entapano.com/blog/image-circle-size/

  • 360VRの解像度を知りたい

    360VRの解像度は使用するレンズとカメラの組み合わせによって異なります。

    目安となる解像度は下記のリンクでご確認いただけます。
    https://www.entapano.com/blog/resolution/

  • ステッチ前のサンプル360VR動画はありますか?

    Entaniya  Fisheye 250 MFTで撮影した360 VRのサンプルを公開しています。
    ダウンロードしてステッチをお試しいただけます。
    http://www.entapano.com/jp/fisheyelens/download.html

  • 動画撮影時のイメージサークルの入り方を知りたい

    下記の資料で各カメラのおおよそのイメージサークルの入り方をご確認いただけます。

    Entaniya Fisheye 250 MFT image circles

  • 360 VRのサンプル動画はありますか?
  • One-Shot VRとは何ですか?

    通常の360VRは複数のカメラを使用して撮影されますが、カメラの台数が多ければ、動画を繋ぎ合わせるステッチ作業も多くなります。

    乗り物などのVRの場合、360°全方位必要ではない場合も多いため、製作コストや効率を考えてカメラ1台で撮影した映像をVRにする方法です。

    視野角180°の魚眼レンズを使用してもOne-Shot VRは作れますが視野が狭いという問題があります。Entaniya  Fisheye 250 MFTの場合は250°の視野があるため、十分な視野を得られます。

    肩を固定して首を左右に振って見える範囲がおおよそ250°になります。

    ライブやスポーツ観戦などの動画のようにメインの被写体が前面に固定されているもの、は乗り物など前に進むようなものなどはOne-Shot VRに適しています。

    背面は黒くなってしまいますが、パッチやキャプション、広告などを入れることで有効に活用できます。

  • ミラーレス用250レンズと通常の360VR Kitでは画質に違いがありますか?

    同じ4Kで撮影した動画でも小さなセンサーと大きなセンサーでは表現に違いが出ます。
    大きなセンサーとレンズの相乗効果で今までに無いシャープな映像が撮影できます。

    下記のページで違いをご確認いただけます。
    https://www.entapano.com/jp/fisheyelens/differences.html

  • NPPの位置はどこですか?

    下記のリンクでご確認いただけます。

    Entaniya Fisheye 250 MFTスペックシート(pdf)

  • PTGuiやAutopano用のパラメーターは有りますか?

    下記のリンクよりダウンロードいただけます。
    NPPを合わせて撮影した写真もありますので、ご自身でパラメーターファイルを作成することもできます。

    https://drive.google.com/file/d/0B7afgfB3qxofY3RIbnF6UWZUTlU/view

  • VR動画に展開するためのソフトウェアやプラグインはありますか?

    360VR動画ステッチソフトのAutopano VideoやAdobe After Effects用のプラグインLE:LensでVR動画に展開できます。

    Autopano
    Bundle software 360° video

    LE:Lens
    http://www.flashbackj.com/revision_effects/relens/index.html

後群キット

  • 絞りは固定ですか?変更できますか?

    Entaniya  Fisheye 250 MFTの絞りは固定ですが、レンズボトムにNDフィルターを取り付けるためのポケットがあり明るい場所での撮影時に絞りを調整することができます。

    また、後群キットを使用すると、任意の絞りに変更することができます。

  • イメージサークルサイズ(焦点距離)は変えられますか?

    後群キットを使用して、後群レンズを変更することでイメージサークルサイズを変更することができます。


公開日:

PAGE TOP ↑