250°ワンショットVR

250°の広角魚眼レンズだからできるワンショットVR

上記の動画は1台のカメラで撮影した動画をVRに変換したものです。
Entaniya FisheyeレンズならワンショットでVRが簡単に作成できます。
(※Entaniya 250 MFTの映像ではありません。)

ワンショットVRの7つのメリット

fisheye lens

1.ステッチレス

ワンショットなので厄介なステッチが不要です。ステッチ作業に費やす時間が削減できます。

2.ソフト不要

VR形式に展開するのにVRに変換するソフトは不要です。
変換サイトEntapano VRでVR形式に簡単変換できます。

3.撮影が楽

ワンカメラなので通常の撮影方法と同じように撮影できます。カンペや照明なども使用できます。

4.背面活用

背面のブラックスペースにはロゴや広告、キャプションなどを挿入して活用できます。

5.ワンカメラ

ワンカメラなので機材コストを低く抑えられます。

6.誘導しやすい

正面に在る対象をメインとして認識できるため、視聴者を誘導しやすくなりす。

7.高画質VR

ハイエンドな業務用カメラが使用できるので高画質なVRを実現します。

ワンショットで十分なVR

座って観る乗り物系などワンショットVRで十分なシチュエーションは多くあります。

乗り物系

ジェットコースターやバイク、車など前方に進むVR。

誘導系

カメラ自体の視点が動き、視聴者を誘導するタイプのVR

スポーツ系

スポーツ観戦など正面を見るのがメインのVR

没入系

椅子に座ってじっくりと見るタイプのVR

(※Entaniya 250 MFTの映像ではありません。)

ワンショットVRが可能な機材

ワンショットVRは視野角250°の超広角なレンズだからこそできる特別なVRです。

動画

レンズ4/34/3

写真

entapano24/3

ワンショットVR変換

ワンショットVRの変換はAutopano Video他、Entapano VRで行なえます。

entapanovr

Entaniya Fisheyeレンズで撮影した動画や写真をアップロードしてVR形式に変換できます。変換したファイルはダウンロードしてfacebookやYouTubeなどのVR対応サービスで利用できます。
※動画は近日対応予定です。

Autopano Video

VR用ソフトウェアのAutopano VideoでもワンショットVRを作成できます。