Entapano 2 マニュアル 各種設定

ペリオディックモードの設定方法

2016/10/14

こちらではペリオディックモードについて説明します。

ペリオディックモードとは

ペリオディックモードを設定することでカメラが個人で指定した期間に一度GPSを追尾することができます。GPSを取得した状態で撮影することにより写真に位置情報が書き込まれます。
また、ペリオディックモードを使用することで通常の電源起動時よりもペリオディックモードからカメラを起動した方がスピーディに撮影可能です。
そしてEntapano VRサイトで画像をアップロードすれば撮影した位置情報を表示できます。

※トンネルなど電波が不安定な場所ではデータを取得できない場合がございます。

注意
ペリオディックモード起動中、見た目ではオンになっているのか確認できないません。
30分以上操作がなければ自動的に電源が切れますが(スリープモード)、使用後は必ず電源ボタンを3秒以上長押しして起動音が鳴った後に、再度電源ボタンを3秒以上長押しして電源をオフにしてください。

さらに便利な機能

setup.txtでログデータを書き込む設定をすると、変換ソフトウェアを使用しロガーアプリにデータを読み込ませることで地図上に自分が移動した軌跡を確認することができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

ペリオディックモードの起動方法

1.SDカードをカードリーダーでパソコンに繋ぎ、個別でフォルダは作成せずにそのままSDカードの中にペリオディックモードのsetup.txtファイルを入れてください。
こちらからペリオディックモードのsetup.txtファイルをダウンロード

setup.txt内のOffFirstSleep = の後には半角で27、57、117、177の数値を入力します。数値の単位は秒です。この数値はPowerSWの3秒を引いての数値なので27など半端な数値となっています。例えば27と入力するとPowerSWの3秒を足して30秒に一度GPSを追尾し、177と入力すれば3分に一度データを取得できます。
※ダウンロード時は1分に一度GPSを追尾する設定となっています。

注意
PowerSW = 3に関しては変更しないでください。
OffFirstSleep ”=”の左右には半角でスペースが入るので確認してください。

2.電源をオフの状態でSDカードを挿入します。

3.カメラを起動します。

4.電源ボタン長押し2秒以内にボタンから指を放します。

5.電源オフの時と違った音が鳴りペリオディックモードが起動します。
・setup.txtダウンロード時の設定は1分に一度GPSを追尾します。
・ペリオディックモード中はランプが全て消えてしまいます。

6.再度電源ボタンを3秒以上長押ししカメラを起動させます。

7.撮影するとGPSデータが画像に書き込まれます。

※再度ペリオディックモードに入るには上記の手順4を行ってください。

-Entapano 2, マニュアル, 各種設定