Entapano 2 マニュアル 各種設定

インターバル撮影モードを設定する方法

2016/09/21

こちらではインターバル撮影モードの説明をします。

インターバル撮影モードとは

インターバル撮影モードを使用すると、一定の間隔で連続で撮影されます。
3秒〜1時間ごとの間隔で設定できます。

用途

撮影したい場所にカメラを置きタイムラプス撮影が可能です。
また、撮影した景色の変化を時間ごとに見ることができます。

インターバル撮影モードの設定方法

1.SDカードをカードリーダーでパソコンに繋ぎ、SDカードのルートフォルダにインターバル撮影モードのsetup.txtファイルを入れてください。

001

こちらからインターバル撮影モードのsetup.txtファイルをダウンロード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-16-11-39-03%ef%bc%89
setup.txt内のIntervalTime = の後には半角で3~3600の数値を入力します。
数値の単位は秒です。

120 = 120秒(2分)に一枚撮影
3600 = 3600秒(1時間)に1枚撮影
※ダウンロード時は60秒に一枚の撮影される設定となっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-16-11-40-33%ef%bc%89

注意
ファイル内部の[CameraConfig]
RIMode = とIntervalTime = の部分は変更しないでください。
RIModeとIntervalTimeの”=”の左右には半角でスペースが入るので確認してください。

2.電源をオフの状態でSDカードを挿入します。

3.カメラを起動します。

4.シャッターボタンを約9秒半押し、長押しをします。

5.インターバル撮影モードが起動し撮影が始まります。

6.電源ボタンを約2秒長押しで、電源が切れます。

※インターバル撮影モードを設定するとセルフタイマーモードの使用ができなくなります。
※セルフタイマーモードを使用したい場合はSDカード内インターバル撮影モードのsetup.txtを削除するか、別のSDカードを使用してください。

-Entapano 2, マニュアル, 各種設定